浴槽劣化に伴うひび割れ修理(東京都国分寺市)

築25年の鉄骨集合住宅の経年劣化によるひび割れ修理です、ひび割れの形状は明らかに経年劣化によるひび割れの特徴である浴槽壁面背中側上部に直線状に割れている浴槽です、現在賃貸中の為入居者様と日程の調整を行い修理を行いました
市町村 東京都国分寺市
修理範囲 浴槽壁面ひび割れ長さ30cm
修理料金(諸経費含む) 59,240円

単純破断ひび割れ

ひび割れ破断を起こした部位を浴槽専用仮説補修テープで処理を行っている状態です

補強板接着工程

浴槽裏側に補強板を挿入し、エポキシ系接着剤で既存浴槽に固定中です

ビス止め処理

補強板の接着がほぼ固定をしたので、浴槽表面からビス止めを行いより強固に補強板を固定します

ビス穴埋め

ビス止めした部分と浴槽切取りの際に出来た隙間を樹脂系パテにて埋込をします

ライニング処理

樹脂パテが硬化をした後にライニング処理を行います、この工程でより強固に浴槽に固定をする事が出来ます

樹脂パテ処理

ライニング部分を覆う形で樹脂パテ加工をします

平滑面処理

樹脂パテ硬化を待ち平滑面作成の塗装下地を作成します

塗装処理完了

浴槽専用塗料を既存浴槽の色に合わせて調色を行い部分塗装仕上げを行い終了となります

コメント

コメントする

目次
閉じる