破損ひび割れ浴槽修理(東京都品川区)

築20年を経過したビジネスホテル様で複合破断ひび割れ修理です、ひび割れの状態やひび割れの入った部位から経年劣化が進んでいた状態で立ち上がる際に力をかけた為複合破断ひび割れを起こしたものと推測されます。 

浴槽の樹脂が経年劣化を起こす原因は、主に温度による樹脂の伸び率の関係で浴槽短辺方向の樹脂に負荷が掛かりやすい事によるものです、浴槽の長辺方向の温度によるに膨張は約0.4ミリ膨張するのに対して、短辺側の膨張は0.2ミリで長辺側の膨張による歪が短辺側に集中して起きる事と、同じく浴槽内に水を溜める事による樹脂の膨張が発生しますので、単純に計算をすると1日二回程度の熱による膨張と収縮を繰り返す事と、ビジネスホテル様の場合1日に1回程度の水を溜める事による歪が発生します、それ以外にも入浴の際に身体を浴槽に依託する際に発生する浴槽短辺側の歪が蓄積され、使用開始から15年を経過する頃より樹脂疲労の蓄積でほんの少し力をかけただけでひび割れが起きる原因となります。 

ひび割れの長さは約60cmで浴槽短辺側足元の壁面となります、力をかけた関係で複合破断ひび割れを起こした状態です、経年劣化によるひび割れの特徴は背中側の浴槽短辺又は循環器口の付近に入る事が多く、ご使用開始より15年を経過すると樹脂の劣化が始まり、経年劣化によるひび割れが起きる可能性が高くなります

ビジネスホテル様の場合作業時間がチェックアウト~チェックインまでの間で終了をするように要望がある為、修理には時間との闘いともいえる状態で修理を勧めます、各工程でパネルヒーターを使用して強制乾燥や強制硬化をさせて、時間を短縮して作業を行います。作業完了から3時間で使用可能となる為、当日の夜には部屋を貸し出す事が出来ますので、部屋の貸し止めを最低限まで抑える事が出来ます。

市町村東京都品川区
修理範囲破損ひび割れ60㎝
修理金額(諸経費含む)90,860円

破損ひび割れ

浴槽裏側に補強板を入れ既存浴槽に固着
補強板入れ
#450ガラス繊維シートでライニング処理後平滑面作成
ライニング処理
既存浴槽に合わせて浴槽専用塗料を調色を行い塗装
塗装処理完了

コメント

コメントする

目次
閉じる