浴槽修理専門の株式会社リビングワークス

クレジットマーク

TEL

 

弊社株式会社リビングワークスは一般的なリフォーム会社と違い、浴槽補修専門会社として樹脂浴槽ひび割れ修理樹脂浴槽破損(穴開き)修理樹脂浴槽表面劣化回復修理ホーロー浴槽さび修理ホーロー浴槽さびによる穴あき修理ユニットバス壁面さび修理ユニットバス洗い場の修理を専門に行っております、弊社は1都9県の修理受付ております。

弊社で行った修理箇所に関しましては、修理日より一般家庭用浴槽3年、ホテルなど営業用浴槽に関しましては1年間の保証期間を設けております。

浴槽専用塗料の性質上、長時間の溜め湯には対応が出来ませんので2日に一回は浴槽のお湯を抜いて浴槽を乾燥させる様にお願いいたします。

樹脂浴槽修理

修理箇所別メニュー

樹脂浴槽の劣化原因

水温が15℃程度の場合、入浴する快適温度42℃まで水温を上げた場合、ポリエステル樹脂の熱膨張率から計算をすると、FRP浴槽幅120cm奥行65cmの標準浴槽では長手方向で0.48ミリ、短辺方向で0.26ミリ、アクリル樹脂浴槽幅120cm奥行65cmの標準浴槽では長手方向で0.23ミリ、短辺方向で0.12ミリの膨張をします、この膨張と収縮を毎日入浴の際に繰り返す事とにより浴槽に樹脂疲労がたまり,ひび割れを起こしやすくなります。
(線膨張係数)×(もとの長さ)×(温度の変化量:変化後の温度-もとの温度)にて計算しております
FRP樹脂の線膨張係数15 アクリル樹脂の線膨張係数6

浴槽修理仕上げ方法

浴槽修理には、修理費用を抑えた部分修理方法と、修理箇所以外の部分も合わせて塗装を行い浴槽の小傷等も合わせて修理する2種類を選択できます。

部分修理

部分修理とは修理箇所を起こした部位を中心に浴槽壁面又は底面の一部を修理する工法です、部分修理には以下の修理項目が含まれております。

  • 修理箇所の補強として浴槽裏面に補強版を挿入して、既存浴槽面を補強します。
  • 修理箇所をライニング処理を行い、既存浴槽との段差を極力抑えて平滑面処理を行います
  • 平滑面処理後、既存浴槽の近似色を専用塗料で調合し修理箇所の塗装を行います
  • 部分修理工期は、ひび割れの長さにより時間が多少変わりますが40㎝程度のひび割れの場合、4~5時間程度で修理が完了いたします、修理完了後約4時間程度でシャワー入浴が可能となります。

修理全体塗装仕上げ

部分修理とは異なり修理後、既存浴槽を含めた浴槽全体を塗装する事で、塗装被膜に強度を持たせる事が可能となりますので、部分塗装仕上げに比べ塗装被膜が剥がれる等の不具合の発生率が軽減されます、又全体塗装をする際にひび割れ修復箇所以外の小傷(指輪・爪等のスクラッチ傷)を修復しての塗装となりますので、浴槽交換と同じ効果が得られます。
特にアクリル浴槽の場合、樹脂層に色が薄く付いており、浴槽の色に透明感がある事で艶や質感がFRP浴槽に比べて高い事にあります、浴槽修理を行って近似色塗装を行う場合塗装の輪郭部分に塗装面の影が出やすく、浴槽の色によって異なりますが、縁取りをしたような茶色い影が出る場合がありますが、全体塗装を行う事で輪郭の影が抑える事が可能ですので違和感の無い仕上がりが得られます。

  • 修理部分は部分修理と同じ工程となります。
  • 修理箇所以外の小傷修復。
  • 浴槽の色指定が可能。
  • 浴槽全体の艶の復元。
  • 浴槽全体塗装修理の工期は、季節により変動を致しますが、シングルカラーコート仕上げの場合2日・ダブルコート仕上げの場合3日程度、工事完了の夜より通常の入浴が可能となります。

単純破断ひび割れ

単純破断ひび割れ修理

経年劣化の特徴的なひび割れで背中側又は循環器口側にはいる直線状のひび割れ

FRP浴槽単純破断ひび割れ部分修理料金

修理品名 税込価格
FRP浴槽破断型ひび割れ部分修理料金 15cmまで 46,200円
FRP浴槽破断型ひび割れ部分修理追加料金 1cm単位 840円
同一浴槽2ヶ所目以降1か所に付きの追加料金
FRP同一浴槽破断ひび割れ 2カ所目以降 15cmまで 27,720円
FRP同一浴槽破断型ひび割れ2カ所目以降追加料金 1cm単位 500円

アクリル浴槽単純破断ひび割れ部分修理料金

修理品名 税込価格
アクリル浴槽単純破断型ひび割れ 15cmまで 56,600円
アクリル浴槽単純ひび割れ追加料金 1cm単位 920円
同一浴槽2ヶ所目以降1か所に付きの追加料金
アクリル同一浴槽単純破断ひび割れ 2カ所目以降 15cmまで 33,960円
アクリル同一浴槽単純破断型ひび割れ2カ所目以降追加料金 1cm単位 550円

 

 

 

複合破断ひび割れ

 

複合破断ひび割れ修理

浴槽壁面などに過度な力がかかった場合に起きるひび割れ

FRP浴槽複合破断ひび割れ部分修理料金

修理品名 税込価格
FRP浴槽複合破断型ひび割れ部分修理 15cmまで 50,360円
FRP浴槽複合破断型ひび割れ部分修理追加料金 1cm単位 920円
同一浴槽2ヶ所目以降1か所に付きの追加料金
FRP同一浴槽複合破断型ひび割れ 2カ所目以降 15cmまで 30,220円
FRP同一浴槽複合破断型ひび割れ2カ所目以降追加料金 1cm単位 550円

アクリル浴槽複合破断ひび割れ部分修理料金

修理品名 税込価格
アクリル浴槽複合複合破断型ひび割れ部分修理 15cmまで 60,060円
アクリル浴槽複合破断ひび割れ追加料金 1cm単位 1,050円
同一浴槽2ヶ所目以降1か所に付きの追加料金
アクリル同一浴槽複合複合破断型ひび割れ2カ所目以降 15cmまで 36,040円
アクリル同一浴槽複合破断ひび割れ追加料金2カ所目以降  1cm単位 630円

 

 

 

浴槽破損

浴槽破損修理

浴槽内で転倒等をした際に起きる破損ひび割れ

部分修理料金

修理品名 税込価格
FRP浴槽破損部分修理 破断ひび割れ等で欠損がある浴槽 5cmまで 53,130円
FRP浴槽破損部分修理追加料金 1cm単位 1,050円
同一浴槽2ヶ所目以降1か所に付きの追加料金
FRP同一浴槽破損修理 破断ひび割れ等で欠損がある浴槽 5cmまで 31,880円
FRP同一浴槽破損部分修理追加料金 1cm単位 630円

アクリル浴槽破損部分修理料金

修理品名 税込価格
アクリル浴槽破損部分修理 破断ひび割れ等で欠損がある浴槽 5cmまで 62,370円
アクリル浴槽破損追加料金 1cm単位 1,160円
同一浴槽2ヶ所目以降1か所に付きの追加料金
アクリル同一浴槽破損部分修理 5cmまで 37,420円
アクリル同一浴槽破損追加料金 1cm単位 690円

 

 

 

浴槽表面劣化

樹脂浴槽表面劣化によるひび割れ

浴槽表面劣化に伴うクラック修理

経年劣化で起きる浴槽表面のひび割れ

表面劣化を起こす原因

浴槽表面劣化を起こす原因は、浴槽の熱膨張によるものが大半を占めております、浴槽表面と浴槽裏側の温度差が原因により、経年経過で蜘蛛の巣状に細かい表面クラックと呼ばれるひび割れが入る事があります、又追炊き機能付きボイラーで自然対流式の場合浴槽上部では約1ミリ膨張しようとするのに対して、浴槽下部では0.5ミリ程度の膨張しかない場合、膨張の差から浴槽上部にひび割れが集中して入る場合があります、その他の理由として挙げられるのが樹脂の耐久温度も関係してきます、浴槽に使用されている樹脂の耐久温度は60~80℃ですので 何らかの理由で湯温が耐久温度近くまで上がる事が何回も繰り返された場合、表層クラックが入る原因となります 。

 

表面ひび割れ修理
税込価格
表面ひび割れ15㎝範囲基本料金
43,890円
15㎝を超えた場合の追加料金 1㎝単位
520円
FRP浴槽表層クラック修理 浴槽横幅120cm    奥行65cm
165,170円
FRP浴槽表層クラック修理 浴槽横幅150㎝      奥行65㎝
176,720円

 

 

 

浴槽表面劣化に伴うブリッツ

浴槽表面劣化に伴うブリッツ修理

経年劣化で引起されるアクリル浴槽表面

アクリル樹脂浴槽の場合FRP浴槽と違い表面が凹凸に膨らむのが特徴です、膨らみをすべて削り凹凸面を無くした状態で、ガラスクロスを利用して新しい樹脂層を形成し浴槽を直します。

アクリル浴槽表面凹凸修理
税込価格
浴槽修理横幅120㎝奥行65㎝
164,850円
浴槽修理横幅150㎝奥行65㎝
175,350円
浴槽修理横幅180㎝奥行65㎝
185,850円

 

 

 

ホーロー浴槽表面劣化

ホーロー浴槽表面劣化

ホーロー釉薬層の劣化により浴槽表面にざらつきが発生したものです

ホーロー浴槽表面は高温で焼付けられたガラス質の釉薬で覆われています、ガラス質の釉薬は傷や熱・酸に対して非常に強い面を持っていますが、衝撃や弱アルカリの水道水には弱い面を持っています、水道水質基準値でPH5.6~PH8.6で調整をされていますが、東京都の平均値PH7.8の弱アルカリ性の水道水となっています、PHの中央値PH7 からすると、若干ではありますがアルカリ性に傾いた水道水と言えます、一時期東京都八王子ではPH8.6を超える値が出た時期もあります、この様にお住いの地域弱アルカリ~アルカリ水道水をお使いの場合、ホーロー釉薬層がアルカリにより浸食され光沢を失う場合がります。

ホーロー浴槽釉薬劣化修理 税込価格
浴槽サイズ 横幅120㎝ 奥行65㎝まで 197,510円
浴槽サイズ 横幅150㎝ 奥行65㎝まで 209,060円
さびが発生している場合の追加料金10㎝まで 19,060円
10cmを超えた場合1㎝単位での追加料金 1,620円
さび範囲内のさび穴修理基本料金 2cmまで 5,200円
さび穴2cmを超え追加料金 1cm単位 2,890円

 

 

 

ホーロー浴槽修理

ホーロー浴槽がサビる原因は、主にホーロー釉薬層が割れた事によるもので、ホーロー釉薬層が割れる原因として、浴槽に水が溜まっていない時にシャワーヘッドを落すなど硬い物をホーロー浴槽に当てる事によるホーロー釉薬層にマイクロクラックが入りその僅かなひび割れから内部に水が浸透してホーロー浴槽の基材である鋳鉄又は鋼板をさびさせることによりさびが拡大してホーロー浴槽表面に現れてホーロー浴槽にさびが出た事が判明する事が多いです
次にホーロー浴槽の四隅にさびが発生する事が多いのですが、ホーロー浴槽の基材である鋳鉄又は鋼板の熱膨張率とホーロー釉薬の熱膨張率が違う為ホーロー浴槽の四隅に渦巻き状のさびが発生する事があります
お湯を沸かす前の温度が20℃とした場合、湯温が42℃まで上昇した場合、ホーロー浴槽長手方向の基材の伸びる長さは約0.4ミリ、ホーロー浴槽短辺側の基材が伸びる長さが0.2mmです、それに対してホーロー釉薬層の膨張率は0.086ミリと98%の違いが発生する為、長年の使用で釉薬層に負荷が掛かりホーロー浴槽の四隅の釉薬層にマイクロクラックを発生させ、さびの原因となる事があります。

ホーロー浴槽さび修理

ホーローさび

ホーロー浴槽に初期のさびが出た状態で、基材の表面のみがさびた状態

ホーロー浴槽のさびの進行が基材の鋳鉄を浸食し始めた状態で、さびによる穴は開いていない状態のホーロー浴槽です、ホーロー浴槽さび修理を施工する場合、釉薬層を研磨し基材である鋳鉄部分を露出させた上で還元処理剤を塗布し、進行性の強い赤さびを酸化還元し安定した状態にした上で、研磨した釉薬層の代わりに樹脂にてライニング処理を行い、既存浴槽との段差を無くした上で、塗装周辺の釉薬層を薬剤を利用して塗料が密着する状態にした上で塗装を行います。ホーロー浴槽さびによる穴修理

ホーロー浴槽のさび範囲が5cmを超えてさびが発生している場合、さび付近の釉薬層を修理の為研磨して基材を露出させると、基材に穴が開いている事が多く表面の釉薬層が漏水を止めている事があります、確認できる表面のさび以上に内部ではさびが進行している事が多い為、早めの修理をお勧めします。

ホーロー浴槽部分修理

ホーローさび修理 税込価格
さび部分修理基本料金さびの範囲5cm 39,270円
さび範囲5cmを超えた場合追加料金 1㎝単位 1,390円
 2か所目以上追加基本料金さびの範囲5cm 24,260円
さび範囲5cmを超えた場合追加料金 1㎝単位 1,050円
さび範囲内にさび穴がある場合追加料金1cm単位 7,510円
線状さび部分修理基本料金 30cmまで 33,500円
線状さび30cmを超えた場合追加料金1cm単位 1,100円
線状さび部分修理2カ所目基本料金 30cmまで 20,100円
線状さび30cmを超えた場合2カ所目追加料金1cm 660円

 

 

 

浴槽美観回復塗装

浴槽美観回復塗装

経年経過で浴槽に汚れが染みついた浴槽を塗装にて美観回復

 

樹脂浴槽塗装料金 ※シングルコート仕上げ 税込価格
樹脂浴槽横幅120㎝奥行65㎝まで 91,250円
樹脂浴槽横幅150㎝奥行65㎝まで 102,800円
樹脂浴槽横幅180㎝奥行65㎝まで 114,350円
ホーロー浴槽塗装料金※シングルコート仕上げ  税込価格
ホーロー浴槽横幅120㎝奥行65㎝まで 149,000円
ホーロー浴槽横幅150㎝奥行65㎝まで 172,100円
ホーロー浴槽横幅180㎝奥行65㎝まで 195,200円

 

 

>

ユニットバス修理

壁面さび

ユニット壁面さび修理

シリコンコーキングが劣化して内部に水が浸入した際に起きるさび

ユニットバスルームの構造は床面の防水パンと呼ばれる部分と壁面パネル・天井パネルの3種類の構造から出来ております、防水パンには2種類のタイプがあり浴槽一体型の防水ハーフユニットと防水パンのみで設置型浴槽を後から設置をするユニットに分かれておりますが、壁面パネルの構造は何れの場合も同じ構造で出来ております、壁面には浴室専用シート覆われた鋼板と防音目的の石膏ボードで形成されています、壁面パネルは防水パンに設置されその接合部をシリコンコーキングで覆われ水分が内部に入り込まないよう作られておりますが、経年劣化でシリコンコーキング材にわずかな隙間が発生するとその部分より内部に水分が侵入して壁面パネルの基材である鋼板をさびさせる事となります。

浴室洗い場ひび割れ

浴室洗い場ひび割れ修理

洗い場底面にひび割れが入った場合ひび割れ部分を修理して浴室洗い場専用シートで被う事で修理が可能です

ユニットバス底面の防水パンと呼ばれる部分のひび割れとなります、防水パンにひび割れが入る場合洗い場の中心部分又はドア付近のひび割れが多く、この様に防水パンコーナー部分のひび割れは非常に珍しい案件となりますが、防水パンにひび割れが発生した場合漏水事故に繋がる事となりますので、早めの修理をお勧めします。